感謝似顔絵。そしてコメントありがとう。

お終いの記事を書いたくせにぬけぬけと!!!


皆さんお久しぶり。
三四狼です。最後の記事には沢山の拍手と、コメント、観覧、本当に感謝です。
本当に嬉しかったです。


コメント頂いた葵様は、昔の方から観覧してくれていた方で、ブロガー様です。
なんと私が落ちたイラコンの入賞者なのですよ!!フランカカフェお店の黒板、センスの光るイラストを描いた方です。


その方のブログにお礼のコメントしたのですが、私の絵が好きとおっしゃって下さり・・・。
社交辞令でも嬉しすぎたので、取りあえず似顔絵を描きました。


大きい物はまた後日描けたらいいなあ。


やっぱり好きって言われたらやるしかないよね!!笑

葵さん

一度私の不手際で、もう描けないかな、来てくれないかな、と思っていたのですが、機会が出来て有り難かったです。
若干髪型が違います私の観察不足です・・・。
次は直しておきます。気に入って頂けるか心配です。


「青空日記」と言うブログです。確か巡回屋には登録されていない方なので、気になった方は検索してみると良いですよ~。


そして5鯖の人様
コメントありがとうございます。
もっと早くコメント返したかったのですが、実はブログのパスワードを忘れて、少し手間取っていまして・・・。


記事に対しすぐにコメントが付いた喜びは凄かったです。
同時に安堵が来ました。あのような記事に反応が無いのは、心に来るものがありますので笑
救われました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

社会復帰までpso2の終わり

「社会復帰までpso2」
このタイトルを初めて見た皆さんは、どう感じただろうか・・・。


信じましたか?


当時の私の絶望した心にはこの自虐とも言えるタイトルを、最高に笑えるものと信じて疑わなかった。
それくらいまいっていたのだろう。今はそう思う。


そしてタイトルの通り、容易に想像できる暗い話ばかり。見ていてお世辞にも楽しいものでは無かっただろう。
当時から見ている方に機会があれば聴いてみたいくらいだ。
もちろん、私には、面白い記事という認識だったと思う。




「ずっとこの日を待っていた・・・。」


pso2のあるキャラクターが言う様に、私もこの一年と少し、
この悪夢のような迷宮の様な場所から脱出できる事を、心から待っていたような気がする。
すなわち、このブログの最後の日を・・・。


私もそれを望み、かつ目標に頑張ってきた。


しかし何だろう。喜び、と言うよりも、物憂げな気持ちになるのは、おそらく私が思っていた以上に、
このブログからエネルギーを貰っていたからなのだと思う。
それほどの場所だったのだ。


社会復帰をするにあたり、ここ一年を通して感じた事は、
「思考するように動けない。」
言う事でした。


そこには将来についての大きな不安があり、眠れない日も有るにも関わらず、
「動けない。」


たとえばそれはpso2をしていなくても、(誘惑、という例)きっと同じ様な状況だったんじゃないかな。
何だろう・・・諦め、の様な何かが自分の周りに纏わり付いている様だった。
pso2をしている時間は楽しいが、終わった後のとんでもない喪失感とも、向き合う必要があった。
とにかくそれがきつかった・・・。


そんな状況を変えてくれたのが、このブログだったと今は思います。
ブログのネタの為にゲームをする、ネタの為に、ハロワへ、外へ、面接へ・・・etc


記事に対するコメントや訪問者などの、目に見える動きに、助けられた。
1人なら、心が可笑しくなっていたかもしれない。


有りえた自分の未来の立場が、違うモノになっていた事に、
改めてこのブログを見ていた方々全てに、感謝したい。
「ありがとうございました。」


そして、この経験をした私だからこそ、得られた考え方があります。
私自身も、また仕事を辞めるかもしれませんし、失うかもしれない。
先は誰もわからないが、意外と何とかなるのでは無いかと。


辞めたり、逃げたりする事は決して悪くない。止まったり、何もできない自身を恥じても構わない。
その思いが苦しいほど、「そこから何とかしたい。」
と言う気持ちが出てくる。だから大丈夫なんじゃないかな。少なくとも、私に似た人ならそうだろう。


だから焦る事はない。
今までの辛く、苦しい想いは、過去の私が持ってくれる。
だからその変わりに、これからの様々な気持ちは、新しい私が持って行く。

そしてまた、自分の選択が変わった時の、苦しく、つらい気持ちは私が引き受けるから、思い切って行けと、未来の自分に言える気がするのだ。


長々と、私の時間につきあって頂き、本当にありがとうございました。
社会復帰までpso2はここで一旦終わります。終わらせてもらえる事に最大の感謝を。


そしてもし、
新たに名前を変えて、ブログを始めた時には、

「コイツまた来やがったか~。」
って、笑って見てくれたら嬉しいです。


本当にありがとうございました!!


最後の一曲。
今までの私に。
ペルソナ3エンディングテーマ
「君ノ記憶」

そして皆さんに。
私が絶望の中、いつも励ましてくれた曲
「歌に形は無いけれど。」


では皆さん。次の一曲で、お会いしましょう。サヨナラ。



三四狼。











レアを掘りにユク!!を描きにユク!!

ハロウえヴりぃわん。
三です。

今回あの「レアを掘りにユク」のタイトルでおなじみのパルチザンブログの
ユクさんファミリーを全力で描かせて頂きました~。

レアを掘りにユク!!


私はイラストを描かせて頂くときは、前よりも凄いものにしよう!と意気込んで取り組むのですが・・・
今回はちょっと疲れました笑


ユクさんは、自分がブログを始めていない頃から見ているブログで、(確か夜桜シリーズの時期だったかそれより前か)
特に能力付けの為のフリクト堀の階層、ニョイボウの情報はこちらで得ましたし、そうそう、ハルヴァが出ない~なんて記事も、
追っかけていた時は楽しく読んでいました^^


最近私のブログの履歴に乗っていた時、ピン!と構図がきて、そのまま描かせて頂きました。気に入って頂ければ幸い。
ごちゃごちゃしてて、何が何だかわからないのは鉛筆画の魅力と言う事で笑


実際デザインもすこーし違います。たとえば浴衣ね。
あのデザインは肌蹴ない作りでしたが、このほうがセクシーかなと変更、とかとか。
気になる方は目を凝らして他の所も探して見て下さい。


顔が似ているのは御愛嬌^^;ブログ内でも姉妹だからって言ってましたし笑
ではでは久しぶりの更新でした。


もちろんいつも見に来て頂いている皆様にも感謝は忘れてませんよ~。
次は貴方のキャラクターを拝借しちゃうかも!!
ではではまたね~。


今日の一曲
Mr.Children 「エソラ」
虹を探している彼女たちに送るメッセージ。ポップな感じが良いんじゃないかな笑


P、S
真ん中がデュクティ、右がユクティ、左ユクノ、後ろユクユクT-CX
最初はキャラクターの髪型とか色々変わるので、混乱してました笑あと、最初は座っているのはガラ悪そうにしているユクリータでした~。






久しぶりにPSO2。幸せな時間。

本当に幸せな時間でした。


ハロウ。三です。
夢で、私のフレンドの方が全員いなくなっている夢を見ました。
INすれば、当たり前のようにそこに居て、また遊べるであろうと考えていた私は、焦った。


急ぎネットカフェに行き、状況を確かめたかった。


平日と言う事も有り、INしている人数は少数では有ったが、表示されている事を確認し、安堵した。
そしてそこに、いつも一緒にプレイしていた方が居て、思い切って声をかけた。


そこからはもう幸せな時間だった。


こんなにもPSO2って楽しかったっけ?
私を覚えていてくれた喜びと、あの頃の記憶がよみがえり、ずっと頬が緩んでいた。
退出時間のギリギリまでお付き合い頂き、いつの間にかこのブログの記事を書いている。


本当にあっと言う間に過ぎた時間でした。


ありがとう。
PSO2が出来なかったからこそ、PSO2の良さに触れる事が出来た気がする。


強い武器、難しいクエスト、等の物は必要なかった。
そこにはネットゲームの本質があったのではないか・・・。


PSO2は周囲チャットなどがほとんどなく、クリアにも声かけなどはほとんど必要ない。(あの頃は。今は分からないが)
複数でやらなくても出来るゲームだ。


でも今日改めて感じた。オンラインの素晴らしさを。
それが何より幸せだったのかもしれない。


変な言い方かもしれないが、一度皆さんも離れて見てはどうだろうか?
そこには作業では無く、ストレスでもなく、不満でも無い。本来のPSO2が顔を見せてくれると思う。


今日の一曲
山崎まさよし
「One more time,One more chance」

いつでもこれからも、という保障はどこにもない。
もう一度会えて、繋ぐ事が出来た私は、どんなに幸せだったであろうか。

皆さんもよきPSO2ライフを!!


自分自身が価値のある以下略

はろう。参です。

いやはや、このタイトルも見慣れたもんだねえ^^:
ペーパーと面接が終わり、やっとこさ一段落~。

今回は手ごたえ有るんですよ!!
なんせ言った事を覚えているんですから笑
社会復帰までpso2の終わりも秒読み段階かぁ!?^^・・・・



まったく就職活動は面倒くさいねー。


しかし、面倒と言うか、活動をしていると不思議に思う事があるのです。
当たり前のように求職者と、雇い主が居る。と言う事。


何を馬鹿な・・・と言うかも知れませんが、貴方自身が、会社を興し、人を雇える?と問われるとどうでしょう?
簡単に出来ますかね?


それ相応のリスク、勝負する名目、将来のビジョン、人を雇う中での様々な要素(面倒なやつ)
保険。退職金、などなど・・・


それを乗り越えてこそ、会社、仕事が出来あがるのではないか?
その見通しの甘さにより、地獄を見るかもしれない。

ならば、誰かに雇われる方が楽だ。と考える人が多いのではないのか?

就職活動解禁日として、あたりまえの様に今年も仕事があること・・・。
これは不思議だと感じるんですね。どうでしょう?


・・・むぅ。


やめだやめだ。
それが世の中だと喜ぶ事にしよう。

有効求人倍率は最近なんと1以上!!
なんと喜ばしい~。(求職者に対しての仕事の数が1社以上。つまり、人が足りないのだああ。・・・色んな事に目をそむけながら・・・)


今日の一曲
新世紀エヴァンゲリオン第26話「まごころを君に」のEDから。

「Komm, süsser Tod/甘き死よ、来たれ」

病んで無いですよ笑
久しぶりに、聴きながら黄昏たかっただけです。









スカウター
滞在中
現在の閲覧者数:
プロフィール

三四狼

Author:三四狼
Ship3でsanというキャラでプレイしてます。
今のところ共用ブロックにしか行けません。Vita勢
特別課外活動部のマスター。
SD勢の一人。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる